スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

探偵報告書の書き方

探偵が報告書ってどんなのでしょう?

私たち探偵が報告書を書くときって、基本的に事実ありのままを表現していく事に注意を払います。

事実を大げさに書かず、事実ありのままを表現するんですね。依頼者さんの為!って気合が入り過ぎて、依頼者さんに有利になるように書こうなんて思っちゃいけないんです。
依頼者さんの為にって思ったことが、逆になってしまうケースもありますよ。ここ注意!

調停や裁判に至った場合、大げさに書いていると裁判官が判断したら・・・

そうなると報告書の信憑性が薄くなる可能性があるんですね。

ですから、報告書の言葉で事実を大げさに伝えるのではなく、しっかり探偵業務を遂行して、写真を可能な限り撮影するんです。

誰が見てもわかるようにね。

だから私はいつも「文章が無くても、写真だけで伝わるようにたくさん写真を撮る」という部分を考えながら探偵業務をしています。

もちろんバレたら最悪なので、バレずにですよ。その為にいろんな調査機材を使いたくなるんですね。

そうやって写真を数多く撮っておくと、報告書を書くのは事実を書いていくだけで素晴らしいものになります。写真が無いと、文章でカバーしようとするんですね。

だから探偵の報告書は写真がメインで、文章がフォローです。

それに今は動画がありますね。デジタルビデオで動画が撮影できます。

離婚などの裁判では動画は見ないケースが多いようですが、それでもあるのと無いのとでは全然違いますね。

相手が言い訳しまくり~!?なら、動画だって登場するケースがあります。動画はリアルで物事を全て記録しているので、結構いいですよ~ やっぱり説得力があります!

話がそれましたが、探偵の報告書は「写真が大事!」って事だと考えています。

大阪の探偵アキラはやりますよ~^^


  1. 探偵は報告書が大変

関連記事

テーマ : 不倫・浮気
ジャンル : 結婚・家庭生活

カテゴリ
アキラサイト
最新記事
月別アーカイブ
プロフィール

大阪の探偵アキラ

Author:大阪の探偵アキラ

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
最新コメント
最新トラックバック
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。